たまには注意馬ええやん

中央競馬の個人的な注意馬を気まぐれに挙げています。好調教、騎手と厩舎の組み合わせ、生産牧場などなど、あらゆる角度から好走する馬を見つけて万馬券を取りたい!          目指せ穴獲りマスター!ニコニコブロマガもやってます(URL)http://ch.nicovideo.jp/tool/blomaga  Twitterはこちらhttps://twitter.com/Minkelminkeru


クラウドソーシング「ランサーズ」

1/14(日) JRA京都 日経新春杯(GII) 注意馬

 

LINE@でも配信させていただきます!お気軽にお友達登録を!
友だち追加

 

 

 

 日経新春杯(GII)

 

 

◎⑧ミッキーロケット

前走の酷い斤量で健闘して、着順こそバラつきがあるものの走破タイムと馬場の相性は京都の2400mなら上位だと判断しました。またペースに合わせてピッチを変える機動性も相変わらず魅力的です。

 

 

○②ロードヴァンドール

内枠でラチ沿いに上手く滑り込んで位置取りがスムーズにいけば直線で上手く運んで突き抜けるポテンシャルはあります。前が止まらない展開と馬場なら侮れない存在。

 

 

▲⑩ソールインパク

ドスロー展開で直線勝負とくれば、相手なりで戦ってきた性格が出て主力に迫れるほどの力はあると思って単穴をこの馬に打ちました。直前の追い切りはタイムこそ可もなく不可もなくといった感じですが、こういう相手あってこそ力を発揮する所が外国馬っぽいですね。

 

△⑥アクションスター

△⑦パフォーマプロミス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

 


中央競馬ランキングへ

1/13(日) 京成杯(GIII) 注意馬予想

 

LINE@でも配信させていただきます!お気軽にお友達登録を!
友だち追加

 

 

 京成杯(GIII)

 

実績が拮抗していて当日も1番人気が入れ替わるようなオッズ帯ですので、印を打つ身からすればどの馬を優先すべきか、どの馬に重い印を打つべきかを考えるほど時間だけが過ぎ…色々印を付け替え付け替えした後に最初打った印に落ち着きましたwww

 

 

 

 

◎⑮ジェネラーレウーノ

調教のタイムは抜群で、走ってきた相手を鑑みれば人気も頷ける存在。ただしこの大外枠で逃げるのは流石に捕まるんじゃないかという迷いがあって時間がかかりました。恐らくこの馬ではなくコスモイグナーツがハナを切ると読むと、パワーの要る馬場では大型馬から狙うのが有効ですので、不安要素は「枠」だけと思えば素直に重い印を付けました。

 

 

 

○⑪ライトカラカゼ

人気はありませんが、ここまでのレースレベルは高め。先行馬で東京の長い直線を粘れるタイプなら中山も合いそう。状態も良さそうなので対抗として。あと、印の取捨なのですが、前走と同じ継続騎乗で臨んできた馬に絞りました。これ以上深い意味はありません(白目

 

 

 

▲④ロジティナ

好枠、そして全頭中1番の大型馬。差しの利く馬場でならこの馬がスッと抜け出て来そう。馬体を良く知る方によれば、この馬は前膝を真上に上げる(ダート馬に多い)走法らしく、急こう配の中山には合うということで。

 

△⑦エイムアンドエンド

△⑧ダブルシャープ

△⑬ギャンブラー

 

 

 

 

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

 


中央競馬ランキングへ

1/13(土) JRA中京 愛知杯(GIII) 注意馬予想

 

LINE@でも配信させていただきます!お気軽にお友達登録を!
友だち追加

 

 愛知杯(GIII)

 

寒波の影響で積雪が予想されていましたが、霜が降ったくらいでさほど影響がなさそうです。

 

◎③メイズオブオナー 

調教はまずまずで、後ろからの競馬ながら小回りコースで届いている実績から今回の中京コースを考えれば、ここは直線の伸びに期待したいです。まだ落ち着かない様子が見られましたが、展開に左右されない持ち味と軽ハンデに賭けます。

 

 

○⑧レイホーロマンス

調教の映像が無く、直前の状態はわかりませんが、湿った馬場の中距離ならハービンジャー産駒から狙いに行くというのもありかなということで対抗にしました。ただスロー展開なら現在人気している馬に向くのかな…

 

 

▲⑥ブラックオニキス

秋華賞のレースレベルで判断すると買えませんが、紫苑ステークスのレベルで考えれば穴となる存在です。

 

△④リカビトス

△⑦マキシマムドパリ

△⑰アンドリエッテ

 

 

 

 中山・中京・京都の特別戦の注意馬はこちらに挙げております

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

 


中央競馬ランキングへ

1/7(日) JRA中山 フェアリーS(GIII) 注意馬

 

LINE@でも配信させていただきます!お気軽にお友達登録を!
友だち追加

 

 

京都・中山金杯は上位人気決着によりあえなく撃沈…。中山金杯のストレンジクォークは調教のタイムが良かったんですね~…軽視した自分を問い詰めたい

 

 

フェアリーS(GIII)

 

展開としては逃げ・先行が残る印象のあるレース。枠の優劣はそこまでありませんが、脚質を考慮して印を打ちました。

 

◎⑯テトラドクマ

スピードは出馬している中では上位。ダートでも通用しそうな出足の鋭さがありますし新馬戦で使った1200mは出遅れた上に少し短かった様子でしたが、マイルへ延長した途端にスピードの優秀さが映えました。展開次第ではあるものの、これを言ってしまえば全頭に共通するので展開は無視しています。

 

 ○⑦トロワゼトワル

直前の追い切りでは鞍上に促されることなく手前を変えたり折り合いを工夫する様子が見えました。それほどスマートな馬だということで対抗に。飛び出してしまえばペースを図れると思いました。

 

▲⑩スカーレットカラー

軸にするには少々不安ですが、相手筆頭にしたい馬です。仕上がりはかなり良く、一団がミドルペース(34秒後半~35秒前半)で流れた場合に向く展開型。出遅れても修正は利くはず。

 

△⑧グランドピルエット

△⑨レネット

△⑭プリモシーン

 

 中山の平場戦注意馬はランキング欄に掲載中です

 LINE@でも掲載しています

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

 


中央競馬ランキングへ

1/6(土) JRA京都 京都金杯(GIII) 注意馬

 

LINE@でも配信させていただきます!お気軽にお友達登録を!
友だち追加

 

 

京都金杯(GIII)

 

 

◎②ラビットラン

この頃惜しい競馬をしていて、前走も差のない走りをしていましたがそれでもまだまだ今一つという印象。この馬に必要なのは展開。スローペースで中団からの競馬なら仕掛けどころを失ってしまい、直線で伸びきる脚を消耗してしまう普段の競馬ではありませんでした。京都のAコースなので外回りからの極端な追い込みは今走だと効くんじゃないかなと思い、本命を打ちました。

 

○⑧ストーミーシー

マイル戦のみの成績なら上位に位置し、元々本命を打っていたのですが、直前の仕上がりと調教の悪さから対抗に下げてみました。追い込みの反応が遅れた後続を振り切れる素質はあります。

 

 ▲⑬クルーガー

好走、凡走、好走、凡走を繰り返しているので侮れない存在。

 

 △③マイネルアウラート

 △⑨ブラックムーン

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

 


中央競馬ランキングへ

1/6(土) JRA中山 中山金杯(GIII) 注意馬

 

LINE@でも配信させていただきます!お気軽にお友達登録を!
友だち追加

 

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!!

 

 

中山金杯(GIII)

 

◎④アウトライアーズ

ハイレベルの皐月賞を12着と惨敗し、マイル路線へと調整も失敗しているのですが、皐月賞スプリングSでの中山で走ったタイムは上々だったため本命にしました。

 

 

○①ウインブライト

調子が上向いて上積みを見込めるこの馬を対抗にします。福島のような小回りコースが合うような気もしますが、3~4コーナーより1~2コーナーの運び方で勝負が決まりそう。

 

 ▲②レアリスタ

嵌れば強い、かかると弱いといった典型的タイプに見えますが単穴でwww

 

 

△③トーセンマタコイヤ

△⑤デニムアンドルビー

△⑥セダブリランテス

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

 


中央競馬ランキングへ

今年もありがとうございました(総括)

 

 

LINE@でも配信させていただきます!お気軽にお友達登録を!
友だち追加

 

 

 

 

 

キタサンブラックイスラボニータの引退に続いてコパノリッキーも有終の美を飾り、引退しましたがキタサンブラックコパノリッキーに至っては来年も期待できる走りでしたね〜

 

 

 

2017年も残すところあとわずか。

ニコニコブロマガから始まったブログもはてなブログに移り、ブログ歴も早2年が経とうとしてます。

 

読者の皆様には感謝の言葉しかありません。

 

当ブログを読んでくださってる皆さん、そして今この記事を読んで頂いている皆さんにとって来年はもっと参考になる記事をどんどんドコドコドシドシドバドバドピュドp(自主規制)していくつもりです(`・ω・´)

 

 

 

 

さてさて、今年の総括をする前に木曜日の中央競馬の回顧を少しだけ

 

 

仕事でライブ観戦は出来ませんでしたが、前日に馬券を仕込んでいました。今年最後のGIホープフルステークスを買おうと印を付けていたものの、本命のルーカスは陣営側の出走嫌悪の様子をみて、見送ることにしました。

案の定6着でしたし、当日の仕事の合間にパドック解説を聞いたら「全兄を超える逸材」と言われていたのですが、パドックを見る限り気迫のない歩様でした・・・よ・・・?

 

まぁモーリスは晩成型だったのを考えれば本領発揮は3歳後半~4歳頃からだと思うので次走も見送って人気が落ちてきた時が妙味ありそうですね。

 

 

 

 

ホープフルステークスより面白いレースと思ったのが阪神6R。ホープフルステークスに出走出来なかった有力2歳馬が勢ぞろいのレース。本命は葉牡丹賞を0.0秒差での惜敗から臨戦してきたシャルドネゴールド。タイムフライヤーと走ったことのあるシースプラッシュを筆頭に、相手を絞って3連単6点の少数買いで仕留めることが出来ました。

川田Jの2歳馬に跨ったときの安定感は抜群でした。流石です。

 

 

f:id:minkelminkeru:20171231152322p:plain

 

そしてホープフルステークスの後に行われた阪神メインのベテルギウスSもドラゴンバローズとルールソヴァールの2頭を軸にした馬単で久々の万馬券を的中することができ、年内競馬を締めくくることが出来ました。

 

f:id:minkelminkeru:20171231161831p:plain

幸Jの前が垂れてきた時にすかさずスパートを掛けていくあたり、気迫のこもった突き放しで見事でした。(プロゴルファーとか馬鹿にしてごめんなさい)

 

当てる前に注意馬の記事書いて、どうぞ

 

 

 

 

 

ということで今年の中央競馬と当ブログの総括を

 

まあなんと言っても今年は

 

 

 

キタサンブラック覚醒しすぎ

 

 

これに尽きましたねwww

ここまで強くなるとは思わなかった、と有馬記念が終わってからも思い続けております

ドゥラメンテが骨折しなかったらどうなってたのだろう

武豊Jの功績に違いないです。でも、菊花賞勝ったの北村宏Jだからね?武さん菊花賞勝ってないよ…?)

 

 

 

 

 

そして自分のブログにとってやはり今年は

 

競馬最強のブログランキングに登録そして

週間MVP獲得!!!

 

www.minkelminkeru.xyz

 

 

www.minkelminkeru.xyz

 

 

ランキングに登録してから読んでくださる方が少し増えてありがたかった矢先に、予想が見事的中し、来場者数急上昇+ランキング20位にランクインという今ではありえない光景を目にすることが出来ました(現在ランキング120~140位を行ったり来たり涙)

 

 

結果を出せばランキングは上がって注目度も増えますが、逆もしかりで結果が出ないと僕のように「偶然ホームランを打っただけ」と思われて離れていきます。これは当然のことで、だからといって離れていく人を揶揄するわけにもいかないですし、単に自分の下手糞さの現れだと受け止めることができたり・・・

 

 

 

とにかく今までは自分の買い目メモ的な感覚で始めた執筆作業が、今では色んな方々のブログが参考になり、リンクを貼っていただいた方(特にカリンバさん、カリンバさん、カリンバさん、ゴメスさん(高田泰蔵さん))からの刺激を受け、もっと結果につながる記事を書きたいという思いが強くなった1年でもありました。本当にありがとうございました。

 

 

 

とはいっても自分のペースで書いていくので、来年も宜しくお願いします。

また金杯の予想記事も書けたら…

 

 

来週にはもう仕事始まってるんだよなぁ…(白目

 

 

 

 

 

良いお年を

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

 


中央競馬ランキングへ

 

 

12/24(日) 有馬記念(GI) 注意馬

 

LINE@でも配信させていただきます!お気軽にお友達登録を!
友だち追加

 

 12/24(日)  有馬記念(GI)

 

いよいよ今年の競馬も大詰め。来週のホープフルSで最後となりましたが、締めとなるのはやっぱりこの有馬記念でしょう。1番人気のキタサンブラックに注目が集まるので、見守りながらひそかに買い方を工夫しながら明日は馬券を買ってみたいです。

 

 

◎ ⑩シュヴァルグラン 57.0 ボウマン 友道

 

サトノクラウンと悩みましたが、道中から溜め込みすぎない競馬を教え込んだ宝塚記念後の京都大賞典ジャパンカップの成績を見過ごすわけにもいかず、本命にしました。

サトノクラウンはヒモには入れていますが、2週連続ポリトラックだと負担のかかる調教で明日あからさまに疲労が見えている状態なら軽視する方向にしました。

 

 

○ ⑬ミッキークイーン 55.0 浜中 池江

上がりが時計の掛かる馬場なら展開が向く馬として推したいのがミッキークイーン。内回り巧者で調教も上々。道中で位置取りさえ上手くいけばアタマも。

 

 

▲ ②キタサンブラック 57.0 武豊 清水

メンバーだけを見ればほぼ勝ったとも言える構成。捨て身の大逃げを企てる馬もいないのでペースを握れるのは確実。ですがジャパンカップに引き続いてこの厩舎らしくない軽仕上げ、それに向こう正面平坦コースの中山という不安要素を打破できるのか注目したいです。

 

 

 

 

△⑪ルージュバック 55.0 北村宏 大竹

△⑫ サトノクラウン 57.0 ムーア 堀

△⑮カレンミロティック 57.0 川田 平田

△⑯サウンズオブアース  57.0  Cデムーロ 藤岡

 

 

 

 平場の注目馬はこちらに掲載しております

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

 


中央競馬ランキングへ

【有馬記念】キタサンブラックは勝ち確なのか…?

 

 

LINE@でも配信させていただきます!お気軽にお友達登録を!
友だち追加

 

 

 

 

有馬記念の枠順が決まって大注目のキタサンブラックは好枠の1枠を引きました。

 

 

 

内枠に入ったことでより逃げやすくなりましたが、果たしてこのメンバーを相手に逃げ切れるのでしょうか?

 

 

 

ここまでキタサンブラックが注目されるのも武豊騎手の功績です。

セントライト記念から騎乗し、菊花賞で見事差し切った北村宏Jがそのまま騎乗し続けていれば違った馬になってたくらいですね

 

(僕はその方が高めの馬券を獲れて良かったというか武豊騎手に乗り替わってから軸にしては裏切られry)

 

 

 

 

 

 

で、本題に入りますが

 

キタサンブラックは勝ち確なのか

 

 

というお題にいくつか仮説を立ててみました。

 

 

 

 

 

 

まずは

 

有馬記念のペース読めない説

 

これは言うまでもなく有馬記念はファン投票のため実力のある馬のみ登録されてますから、ペースメーカーとして逃げ馬を厩舎サイドが意図的に送り込むのは現実的ではない上、メンバー次第で逃げ馬や追い込み馬の数が変わってきます。

ですのでペースから考えるのは少し根拠に欠けると思いました。

 

 

 

 

 

キタサンブラック急坂苦手説

 

直前で坂路調教を調整として走らせたのもこの馬にとって急坂は苦手と言えると思います。ですが、急坂といっても逃げ馬ですので直線でどれだけ後続とのマージンを作れるかという所に帰結するのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

・向こう正面平坦コース苦手説 ←NEW!

 

これは自分だけかもしれませんが、京都を得意とする逃げ馬のペースアップは4コーナー手前から、つまり「淀の急坂」と呼ばれる坂の下りからスピードを上げるのがセオリーです。

 

 

 

 

京都競馬場 芝内回りの高低断面図

f:id:minkelminkeru:20171222231746p:plain

ポコッとお山になっている部分が「淀の急坂」と呼ばれています。向こう正面から3~4コーナーまでの高低差は約4mあります。

 

 

 

 

 

また天皇賞秋やジャパンカップが行われる東京はというと

f:id:minkelminkeru:20171222232342p:plain

こちらも向こう正面に起伏が存在しており向こう正面と4コーナーまでの高低差は約2mくらいといったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ところが、宝塚記念阪神芝内回りや有馬記念の中山芝内回りにはこうした向こう正面に高低差は大してありません。

 

 

 

 阪神競馬場 芝内回りの高低断面図

 

f:id:minkelminkeru:20171222231016p:plain

向こう正面から3コーナー中間まで高低差はほぼありません

 

 

 

 

 

中山競馬場 芝内回りの高低断面図

f:id:minkelminkeru:20171222231206p:plain

 向こう正面から4コーナーを過ぎて急坂の手前まで平坦です。

 

 

 

 

 

次にキタサンブラックが生涯で走ったコース別の平均3Fタイムを計算してみました。

 

京都の平均3Fタイム: 34.725

中山        :35.08

東京        :35.7(天皇賞秋除くと35.14)

阪神        :35.4

 

 

タイムで比べると中山競馬場自体が不得意というわけではなさそう。阪神競馬場は苦手としていたのが宝塚記念で露呈してしまったのか、出走した競馬場の中ではタイムは出ていません。

 

 

 タイムで導き出せなかったのですが、この仮説に基づけば向こう正面で勢いをつけられない平坦コースの阪神や中山は苦手としているのかもしれません。

 ですので中山の向こう正面平坦コースを考えれば、逃げ切れるかと言われると直線の途中で差し馬に捕まると巻き返すには相当のエネルギーが必要になるため、難しいと思いました。

 

 

以上の仮説を立ててみましたが、結論としては

 

キタサンブラックは強いが勝ち確ではない。ただ複勝圏内は堅い。

 

と出ました。

 

僕はキタサンブラック強いので好きです。馬券は獲れるかと言われると(ry

 

ただ一つ言えることは

引退レースでここまで注目されるのは意外ですし、また色々な予想家や評価、データを覆してきた馬はキタサンブラック以外にいないのではないでしょうか。

 

 

 

 肝心の僕の本命はというとまた記事に書きますが、現時点ではサトノクラウンかな~

 

穴候補には芝内回り巧者でハイペース大好物のミッキークイーン、中山巧者のルージュバックに注目したいです。

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

 


中央競馬ランキングへ

12/17 JRA阪神 朝日杯FS(GI) 注意馬

 

LINE@でも配信させていただきます!お気軽にお友達登録を!
友だち追加

 

 

阪神 11R 朝日杯FS(GI)

 

もはや完全に2強と言ってもいいくらいですね。そして追い切りで甲乙つけられると思ったら有力馬どれもすごい仕上がり方で差はありませんwww

今回は前走の成績を中心に並べてみました

 

 

 

◎①ダノンプレミアム 牡2 55.0 川田 中内田

 

前走までの距離と走破タイムを考えれば頭一つ抜けているので本命にしました。折り合いも不安要素はなく、向こう正面の運び方から直線でポジションを確保出来たらいつも通り直線での末脚が見られるのでは。安定感ならダノン、爆発力ならタワーオブロンドンかなという寸評です。

 

○③タワーオブロンドン 牡2 55.0 ルメール 藤沢和

 

実力的には2強の一角ですが、ダブルシャープに押し切られたクローバーSの内容を考えると勝負根性にムラがありそうだと思いました。逃げ馬も2頭ほどしかなく、スロー~ミドルなら逆転もあり得ますが馬券圏外というリスクも含んだ上での対抗とします。

 


▲⑥アサクサゲンキ 牡2 55.0 武豊 音無

この馬が逃げてペースを作って前残りを想定して浮上した馬。鞍上に関しては極端なペースを刻む性格ではないのでミドル~ややスロー展開で後ろが焦れて脚を中盤で消耗させることが出来れば逆転も可能です。

 

 


△④ライトオンキュー 牡2 55.0 四位 昆

 
△⑩ステルヴィオ 牡2 55.0 Cデムーロ 木村

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

 


中央競馬ランキングへ

クラウドソーシング「ランサーズ」